肥満のメカニズム ダイエット運動

私たち現代人は、当たり前のように毎日食事を取っていますが、
朝昼晩の1日3食の食生活になったのはつい最近のことなんです。
人類の歴史はまさに飢餓との戦いで、そのため人体には飢餓に備えて効率よく脂肪を蓄えようとする機能が備わっています。
また、昔の人は生活の中でよく体を動かしていました。
しかし、現代では飽食に加えて、自動車にエレベーターなどに囲まれている現代人は、
食べる量が増え、運動量も減少
太るのも当然といえば当然なのです。

人間は生きているだけでエネルギーを使っているのですが、
その消費量を基礎代謝量といいます。
年をとるに連れて太りやすくなるのは、筋肉量が低下し基礎代謝量が減ってくるからです。
しかも基礎代謝量は30代を境に大きく減少します。
それにも関わらず若いころと変わらぬ生活を続けていたら…
その結果は明らかですよね。関連記事