乳児湿疹とあせもの違い

乳児湿疹とは赤ちゃんの皮膚にできる乳児特有の湿疹のことをいいます。赤ちゃんの肌は柔らかくとてもデリケートなため、汗や食べこぼしといった少しの刺激でも赤くなってしまったり、カサカサになってしまうものです。
乳児湿疹は大人でいうニキビに近い状態で、顔にできることが多いのが特徴です。乳児湿疹にはいくつか種類がありまる。新生児から生後2~3か月の頃にできる乳児湿疹は、お腹の中にいた頃のホルモンの影響で、皮脂の分泌が多くなるため起こります。生後4か月を過ぎる頃には、今度は皮脂の分泌が少なくなるため乾燥による湿疹ができます。
あせもは、乳児湿疹とは違って汗が原因でできる湿疹です。そのため、汗をかきやすいお尻や首、頭などにできやすい湿疹でかゆみを伴いますが、汗をこまめに洗い流すなどの対策をすれば比較的治りやすいのが特徴です。乳児湿疹とあせもは原因が違いますが、肌を清潔に保つことが重要という点では全く同じです。
それから、乳児の肌トラブルにはアトピーもあります。アトピーになると、乾燥肌になり肌がガサガサするような症状がみられることが多くあります。その原因ははっきり分かってはいませんが、乳児期のアトピーは食べ物のアレルギーが関連することが多いと言われています。ボーンペップサプリの評価