更年期障害に処方される医薬品とは

40代から50代にかけて、女性は更年期に入ります。更年期になるとエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの分泌が激減し、ホルモンバランスが乱れて体調不良に陥りやすくなります。このことを更年期障害と呼びます。
エストロゲンには毛髪の成長を促進する働きがあるとされており、これが減少すると抜け毛が増えるなど頭皮環境が悪化する恐れがあります。部分的ではなく全体的に脱毛してしまうので、頭皮が薄くなっていることが周囲に目立ちやすいという難点があります。
病院で更年期障害と診断された場合、ホルモン補充療法として女性ホルモンのエストロゲンを補充する医薬品が処方されます。代表的なのがエストロゲン黄体ホルモン配合剤などで、エストロゲンが補充されることで症状の軽改善を図ります。
また病院によって漢方療法を行うところもあります。処方される漢方を服用することで、エストロゲンの減少に対応可能な体を根本から作っていくことが目的となります。
漢方薬により体の血行が改善し、頭皮の血流が良くなるので毛髪の成長を促します。さらに更年期障害特有の冷えや疲労感なども改善するため、ホルモン補充療法で処方される薬品と並んで効果的な治療薬と言えます。富士登山に必要な装備はレンタルがオススメ!